BYWAY後志 Magazine Blog
BYWAY後志 Magazine Blogは、以下の新ブログに移転しました。

”BYWAY後志” interview book 立ち読み blog
URL:http://blog.livedoor.jp/byway_shiribeshi2/

でございます。

BYWAY後志バナー

販売店バナー

Admin
  • 第5号160 ↑BYWAY後志伍号@1,050-
  • 第4号160 ↑BYWAY後志志号@1,050-
  • BYWAY後志参号 ↑BYWAY後志参号@1,050-
  • BYWAY後志下巻 ↑BYWAY後志下巻@1,050-
  • BYWAY後志上巻 ↑BYWAY後志上巻@1,050-
  • CATEGORIES
    RECENT COMMENTS
    ENTRIES
    Byway後志 Mind & Info
    RECENT TRACKBACK
    ARCHIVES
    from BYWAY後志
    LINKS
    Link Link
    RECOMMEND Books
    • 中公審書じゃがいもの歴史140
    • 地域からのエコツーリズム
    • peraperaホッカイドー

    はまなす財団バナー140

    PROFILE
    OTHERS


    03
    --
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
    --
    >>
    <<
    --
    << 2010 BYWAY後志第六号、倶知安の和菓子匠の見果てぬ夢 | main | BYWAY後志、第鉢(八)号発刊 >>
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | - | - | スポンサードリンク |
    BYWAY後志、第七号発売
    JUGEMテーマ:北海道・後志情報
    7号

    バイウェイ後志の第7号が2010年9月10日に発刊となりました。
    巻頭記事は矢吹俊男さんによる、
    倶知安町ゆかりの植物学者の桑原義晴さん、
    画家の小川原脩さん、
    太鼓のロクさんこと高田緑郎さん
    の軌跡をたどる「倶知安の三稀人」。
    長年のおつきあいがあった筆者ならではの8ページです。

    とくに当号は祝津地区で再生された「茨木家中出張番屋」と「おたる水族館」「旧岡崎家能舞台」の三つの記事にプラス小樽商科大学の学生さんによるページが加わり久々の小樽の情報が満載となりました。

    また、真狩村に伝えられる「忠犬ポチ」の感涙物語は真狩出身の下山光雄さんの執筆、
    「寿都空襲」はHP「南後志をたずねて」でフィールドワークを蓄積されてきた山本竜也さんの労作です。

    ほか、連載となった国道230号の歴史を発掘する「伊達、喜茂別、ニセコの黎明を繋いだ人々」。「黒松内町の合鴨農法」「蘭越町のアスパラ名人」ほか7号も情報満載の100ページとなりました。

    価格 1,050円(消費税込み)
    道内主要書店、後志管内の道の駅などで販売中。
    | the 7'nd issue of BYWAY後志 | comments(0) | trackbacks(0) | factotum of BYWAY後志 |
    スポンサーサイト
    | - | - | - | スポンサードリンク |









    http://byway-root5.jugem.jp/trackback/43