BYWAY後志 Magazine Blog
BYWAY後志 Magazine Blogは、以下の新ブログに移転しました。

”BYWAY後志” interview book 立ち読み blog
URL:http://blog.livedoor.jp/byway_shiribeshi2/

でございます。

BYWAY後志バナー

販売店バナー

Admin
  • 第5号160 ↑BYWAY後志伍号@1,050-
  • 第4号160 ↑BYWAY後志志号@1,050-
  • BYWAY後志参号 ↑BYWAY後志参号@1,050-
  • BYWAY後志下巻 ↑BYWAY後志下巻@1,050-
  • BYWAY後志上巻 ↑BYWAY後志上巻@1,050-
  • CATEGORIES
    RECENT COMMENTS
    ENTRIES
    Byway後志 Mind & Info
    RECENT TRACKBACK
    ARCHIVES
    from BYWAY後志
    LINKS
    Link Link
    RECOMMEND Books
    • 中公審書じゃがいもの歴史140
    • 地域からのエコツーリズム
    • peraperaホッカイドー

    はまなす財団バナー140

    PROFILE
    OTHERS


    12
    --
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
    --
    >>
    <<
    --
    << 9/22-23後志収穫祭で、BYWAY後志を販売 | main | BYWAY後志・第禄(六)号発刊 >>
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | - | - | スポンサードリンク |
    【BYWAY後志・第伍号記事紹介】小樽祝津地区建築散歩
    小樽祝津建築散歩small

     BYWAY後志のバックナンバーでは後志の各町の名建築を紹介してきた。
     第伍号は、小樽はにしん漁で反映した「祝津地区」の漁場建築の紹介。
     この祝津エリアでは、なんと42棟もの漁場建築が群としていまだにその勇姿を誇るように立っている。
     水族館や観光施設を見てつい去ってしまうのはまことにもったいない。  
     是非、BYWAY後志第5号を持参し、祝津地区建築散歩をお奨めしたい。

     小樽祝津建築散歩2small    

     祝津地区の名建築を紹介してくれてます。
     今年から始まった祝津にしん祭では、本稿を執筆した北海道職業能力開発大学助教授・駒木氏のガイド付きで漁場建築巡りを実施したところ、定員の倍以上もの参加者があって、実行委員会は大喜び。
     この四二棟の漁場建築の中でももっとも目立つ位置にたつ、茨木家中出張番屋が建設業と地域の元気回復助成事業で修復されることになった。
     その紹介ブログが、  
      小樽祝津ニシン番屋再生物語  
     是非、アクセスしていただきたいです。

    販売店バナー
    | the 5'nd issue of BYWAY後志 | comments(0) | trackbacks(0) | factotum of BYWAY後志 |
    スポンサーサイト
    | - | - | - | スポンサードリンク |









    http://byway-root5.jugem.jp/trackback/39