BYWAY後志 Magazine Blog
BYWAY後志 Magazine Blogは、以下の新ブログに移転しました。

”BYWAY後志” interview book 立ち読み blog
URL:http://blog.livedoor.jp/byway_shiribeshi2/

でございます。

BYWAY後志バナー

販売店バナー

Admin
  • 第5号160 ↑BYWAY後志伍号@1,050-
  • 第4号160 ↑BYWAY後志志号@1,050-
  • BYWAY後志参号 ↑BYWAY後志参号@1,050-
  • BYWAY後志下巻 ↑BYWAY後志下巻@1,050-
  • BYWAY後志上巻 ↑BYWAY後志上巻@1,050-
  • CATEGORIES
    RECENT COMMENTS
    ENTRIES
    Byway後志 Mind & Info
    RECENT TRACKBACK
    ARCHIVES
    from BYWAY後志
    LINKS
    Link Link
    RECOMMEND Books
    • 中公審書じゃがいもの歴史140
    • 地域からのエコツーリズム
    • peraperaホッカイドー

    はまなす財団バナー140

    PROFILE
    OTHERS


    07
    --
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
    --
    >>
    <<
    --
    << ”BYWAY後志”3、4号も発刊します | main | BYWAY編集長がSTV番組アンビシャスに! >>
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | - | - | スポンサードリンク |
    BYWAY後志 英語版発刊
    bayway後志英語版発刊
     後志を訪れるお客様に、よりディープな後志を、後志人を通して知って頂くインタビューマガジン 《BYWAY後志》が 海外から訪れる外国人観光客にも後志全エリアを周遊してもらおうと、英語版を発刊した。
    JUGEMテーマ:地域/ローカル


     昨年上下2巻発刊された《BYWAY後志》から、寿都鰊御殿や黒松内の海水からとる天然塩「しおのや」、小樽バックパッカーズ「杜の木」などが抜粋され、ニセコ周辺の施設で働くオーストラリア人がボランティアで英訳に参加してくれた。
     新規に、英訳を担当された渋谷明都女史推薦の小樽の歴史的建造物や小樽・蕎麦屋・薮半なども英語版で紹介されている。
     BYWAY後志 英語版 全12ページ、無料。
     昨年発刊された上下卷がそれぞれ売行き好調。
     今年度は3.4号を発刊する予定。

     上下卷合わせて2,100円にこの英語版(英語版は無料)をセットで、販売している。
     セット販売は、
       ニセコ甘露の杜
       小樽観光協会・運河プラザ
       小樽・蕎麦屋・薮半
     (ただし、書店では英語版は取り扱ってません)

     問い合わせ先:北海道地域総合振興機構(はまなす財団)
    電話:011-205-5011
     
     

    | committee | comments(0) | trackbacks(0) | factotum of BYWAY後志 |
    スポンサーサイト
    | - | - | - | スポンサードリンク |









    トラックバック機能は終了しました。