BYWAY後志 Magazine Blog
BYWAY後志 Magazine Blogは、以下の新ブログに移転しました。

”BYWAY後志” interview book 立ち読み blog
URL:http://blog.livedoor.jp/byway_shiribeshi2/

でございます。

BYWAY後志バナー

販売店バナー

Admin
  • 第5号160 ↑BYWAY後志伍号@1,050-
  • 第4号160 ↑BYWAY後志志号@1,050-
  • BYWAY後志参号 ↑BYWAY後志参号@1,050-
  • BYWAY後志下巻 ↑BYWAY後志下巻@1,050-
  • BYWAY後志上巻 ↑BYWAY後志上巻@1,050-
  • CATEGORIES
    RECENT COMMENTS
    ENTRIES
    Byway後志 Mind & Info
    RECENT TRACKBACK
    ARCHIVES
    from BYWAY後志
    LINKS
    Link Link
    RECOMMEND Books
    • 中公審書じゃがいもの歴史140
    • 地域からのエコツーリズム
    • peraperaホッカイドー

    はまなす財団バナー140

    PROFILE
    OTHERS


    10
    --
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
    --
    >>
    <<
    --
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | - | - | スポンサードリンク |
    2012年5月24日、ついに第充(一〇)号、BYWAY後志発刊
    JUGEMテーマ:観光まちづくり

    表紙420

     5月20日、ついに、
     しりべし・リージョナル・インタビュー・マガジン「BYWAY後志」第充(十)号
    が発刊、書店に並びました。

     今回の売り(^^)・・・は、編集後記!です。

    編集後記420

     ↑をクリックし、松田編集長の編集後記を読んでいただければわかりますが、第十号で発刊終了としましたが、断固継続発刊することを発行委員会は決定いたしました。 

     その原点・・・・、

    spirit420

     まだまだ、BYWAY後志発刊の意味合いは増してこそ薄れていないと。

     今回の第十号も盛りだくさんです。 目次を紹介すると、

     index420

     第充号の見開きの素晴らしい写真は、山田スミコさんの寿都町磯谷牧場展望台からの羊蹄山、それに深田久弥「日本百名山」から「後方羊蹄山」を抜粋している。
     見事な惚れ惚れする写真と文章です。

    見開き写真420

     さて、5年で年2回発行のBYWAY後志もついに十号の発刊となりました。
     第十号は道内大手書店、後志の道の駅、しりべしiセンター、後志宿泊施設等で販売中です。
     第一号から第一〇号をこの際お求め下さい。

     札幌の「はまなす財団」にお問い合わせください。 
     小樽・蕎麦屋・籔半でもバックナンバー取りそろえております。


    バックナンバー420

    | Area Magazine | comments(0) | trackbacks(0) | factotum of BYWAY後志 |
    国道393号線、愛称は「メープル街道393」に!
    国道393樺立パーキングからみたアンヌプリ
     国道393号線、愛称は「メープル街道393」に
      名付け親・札幌の西村さんに記念品 2008年12月4日


    国道393号(小樽市−赤井川村−倶知安町間、約60km)の愛称募集委員会は12月4日(木)、赤井川村役場で、愛称選考委員会を開き、応募作品の中から選考・投票の結果、「メープル街道393(サンキューサン)」とすることに決めました。

    抽選で
    札幌市の病院勤務、西村哲哉さん(30)
    が名付け親となり、沿線の小樽市、赤井川村、倶知安町の特産品(計1万円相当)が贈呈されます。
     沿線にイタヤカエデをはじめとしたカエデ類が多く植生し、秋の紅葉時期には葉が黄金色になって見事な風景になること、カナダの「メープル街道」に対抗した「日本のメープル街道」として名乗ることが効果的―などが選定の理由です。西村さんの了承を得た上で、応募作品の「メープル街道」に、選考委員会で「393」を書き加え、命名しました。
     愛称募集には全国272人から361点の応募がありました。
     そのほか、優秀賞3点には沿線3市町村の特産品が贈られます。
     優秀賞受賞者は次の通りです。

    ▽西岡由紀子さん「しりべしスカイライン」(大阪府八尾市)
    ▽佐藤哲司さん「アルパ393」(江別市)
    ▽赤羽和親さん「後志カルデラ街道」(神奈川県川崎市)

    ※名付け親・西村さんの命名理由は以下の通り。

    同国道のイメージは高原の樹木の梢を吹き抜ける快適で爽やかな風です。同国道から眺める紅に色づく木々の景観を思い出しつつ考案。また語呂としてもHOKKAIDO(北海道)とKAIDO(街道)を掛けた。さらにKAEDEKAIDOには倶知安町の「K」と赤井川村の「A・KAI」と小樽の「O」そして北海道の「DO」が含まれている。三つの街、地域をつなぐ動脈としての役割への期待とさらに観光や産業の牽引・振興役として「ヒト・モノ・ココロ」の交流を一段と進めて欲しいというささやかな願いを託した。

    問い合わせ先
    国道393号愛称募集委員会事務局(倶知安町商工観光課・沼田)
    電話0136-22-1121/ファクス0136-23-2044
    | Area Magazine | comments(0) | trackbacks(0) | factotum of BYWAY後志 |